記事内に広告が含まれています。

【衝撃】イベントの裏で行われたもう一つの貸出を撮ってみた E233系ハエ102 相鉄車代走

車両
この記事は約5分で読めます。

みなさん、こんにちは。神奈川県大和市在住、相鉄線沿線民のkeitrip/須田 恵斗です。

本日2022年10月15日、川越車両センターまつりが開催され、相鉄12000系もイベントに貸し出されました。

その裏で、補填という形でE233系7000番台が相鉄に貸し出され、相鉄車の運用に就いています。
今回は、その貸し出されているE233系を撮影してきましたので、その様子をご覧に入れます。よろしくお願いします。

昨日から運用に入ったE233系7000番台 ハエ102

先日14日、相鉄12000系12102×10が、川越車両センターまつりの貸し出しのため、臨時回送で川越線に入線しました。
それとほぼ同じタイミングで、通常運用とは別で同基地のE233系7000番台ハエ102編成が、臨時回送で相鉄線に入線。

入線当日の深夜に、12000系限定の74ウに就き、羽沢横浜国大行きに充当されたのち、今年から開始された瀬谷駅での夜間滞泊が行われました。

E233系初の瀬谷駅での夜間滞泊です。

その後、順繰りで12000系運用71ウに就き、横浜駅やいずみ野線への入線が行われています。

最初の目玉 急行横浜行き

この71ウは、早朝にJR新宿駅まで1往復した後、急行横浜行きとなります。
12000系の定期運用では、合計1往復しかない急行運用に、E233系が就いたこと、JR車での急行表示が全国的に珍しいことから、朝早くから地元の相鉄ファンが集まりました。

なお、臨時回送と思われる12000系に裏被りされました。

いずみ野線での走行

急行で横浜へ向かった後は、いずみ野線の各駅停車で、横浜〜湘南台を3往復します。

JR直通電車は、相鉄本線での運行です。E233系が普段は走らない区間を走るということで、いずみ野線にも多くの方が集まりました。

なお、今月10日にもダイヤ乱れの影響で、いずみ野線にも入線はしたので、思ってたより頻度が多かったり多くなかったり…

定期運用では、入線することのない「横浜」を表示しています。

また緑園都市駅では「JR車両で参りますが、羽沢横浜国大・武蔵小杉へは参りませんのでご注意ください」と利用者に向けて注意喚起が行われていました。

電車によっては、相鉄線内では普段は行われない、E233系同士の接続も二俣川で見られました。

何線かわからなくなってきましたね…来年からはさらにわからなくなってくるのですが

モニター表示に関しては、12000系と共通デザインとなっているため、特段珍しいわけでもない…

横浜駅へ入線

JR車のE233系は、本線西谷以東へ入線する運用もありません。
特に、自社線(JR東日本)が乗り入れる横浜駅に、JRとしてでなく、乗り入れ先の私鉄として乗り入れる、チグハグな状態で多くのファンからも注目を集めてました。

横浜駅では、鉄道ファンのほか、鉄道にはあまり興味のなさそうな方も、珍しがって撮影していました。

撮影後、このE233系に乗車したのですが、
横浜〜西横浜間は、JR東海道線・横須賀線と並走する区間なので、JR線に乗っているのか乗ってないのか訳がわからない感覚となり、面白かったです。

E233系の快速運用

いずみ野線での3往復が終わった後、JR直通電車との接続にも使われる、快速運用で横浜〜海老名を1往復します。
快速の表示自体は、埼京線でも普段から見られますが、相鉄線になると話は別です。

1往復した後、特急海老名行きとなり、西谷で12000系のJR新宿発電車と接続。
海老名駅到着後は、深夜にかしわ台に入庫するまで、JR直通電車として折り返し、海老名〜JR新宿間を往復します。

おわりに

今まで、何度もTwitterで見かけてきた、E233系の横浜駅入線やいずみ野線入線。
本日、ようやく都合がつき、撮影することができました。非常に充実した撮影になりました。

今回の代走に充当されたハエ102編成は、森尾電機製の行先表示器を積んでいるので、
シャッタースピードを1/125まで落とさないと、表示切れを起こし、撮影するのに意外と苦労しました。

首都圏で普段から飽きるほど見かけるE233系、同形式の特定の編成だけをひたすら追いかける経験は初めてです。
来年からの東急との直通開始で、来年からは、東急車の特定の編成だけを追いかけるよう事も出てくるかもしれませんね…

今回も、最後までお付き合いただきありがとうございました。また撮影された皆様もお疲れ様でした。

当ブログを応援してくださる方は、鉄道コムのリンクを押していただくと嬉しいです↓

タイトルとURLをコピーしました