記事内に広告が含まれています。

【豊富すぎる車種】相鉄では全部で何種類の車両に乗ることが出来るのか?

この記事は約7分で読めます。

2019年11月にJR線との直通運転を開始。今年、2023年3月より東急電鉄との直通運転を開始し、今年話題を集める横浜のローカル大手私鉄、相鉄線こと相模鉄道。

直通運転開始をする前から、短い路線数の割に車種が非常に豊富でかつ、他社には見られぬ非常に個性的な車両が走っていることから、ニッチな鉄道ファンに人気でしたが、
今回の直通運転を機に、JR・東急それぞれへ向かうかっこいい新型車両を投入。

直通運転開始によって、直通先のJR東日本と東急、両社の電車も相鉄に乗り入れ、相鉄線は自社と直通先の様々な車両が走るようになりました。

今回は、2023年10月現在、相鉄では何種類の車両が走っているのか紹介していきます。

著者プロフィール
この記事書いた人
須田 恵斗

神奈川県大和市在住、最寄りは大和駅の24歳。
20年以上相鉄を利用し、鉄道ファン人生を相鉄と共に歩んできた人。

2021年7月~9月、公共交通機関で日本一周をし、60万円以上をドブに捨てる

2020年6月より鉄道旅行系雑記ブログ「keitrip」を運営し、2024年に相鉄に関する記事を当サイト「相模レールサイト」に移管。

須田 恵斗をフォローする

相鉄線内限定車両

相鉄8000系

8000系 10両×6編成在籍 1990年12月に登場。

相鉄の最古参形式(開発順)となっています。2023年8月末を以て、登場時のスタイルを持つ車両が消滅しました。

相鉄9000系

9000系 10両×6編成在籍 1993年1月に登場。

同形式の9702×10(1993年製造)は、相鉄線の最古参車両となります。全ての編成が、YOKOHAMA NAVYBLUEにリニューアルされています。

相鉄10000系

10000系 10両×3編成・8両×5編成 2002年2月に登場。

これまでの相鉄の伝統を廃し、JR東日本E231系通勤型をベースに設計されています。
4編成が灯具移設・機器更新がされ、内2編成がYOKOHAMA NAVYBLUEに内外装がリニューアルされています。

相鉄11000系

11000系 10両×5編成 2009年6月に登場。

10000系のコンセプトを引き継ぎ、JR東日本の次世代車両、E233系通勤型をベースに設計されています。
2013年より始まった、そうにゃんトレインは、この形式が抜擢されています。

相鉄線内限定車両は、以上4形式(車種)となります。

相鉄・JR直通電車

相鉄12000系

12000系 10両×6編成 2019年4月に登場。

相鉄・JR直通線に使用する車両として、2019年4月にデビューしました。
独特の前面形状やデザインが特徴ですが、車体はE235系(山手線・総武横須賀線等)のsustina S24シリーズを採用。床下機器は、乗入相手の埼京線E233系7000番台とほぼ同一となっています。

JR東日本 E233系7000番台

JR東日本E233系7000番台 10両×38編成 2013年6月に登場。

乗り入れ先のJR東日本から乗り入れる車両です。
元々は、JR川越線川越~JR埼京線~東京臨海高速鉄道りんかい線新木場間にて、運用されていましたが、
相鉄との直通運転開始により、大崎~羽沢横浜国大間と、相鉄線内での運用を開始しました。

ダイヤが乱れた際は横浜駅への入線や、JRと直通しない、いずみ野線への入線が行われることがあります。

相鉄・JR直通線は、以上の2形式(車種)が使用されます。

相鉄・東急直通線

相鉄20000系・21000系

20000系 10両×7編成 2018年2月に登場。東横線方面
21000系  8両×9編成 2021年7月に登場。目黒線方面

YOKOHAMA NAVYBLUE初の新造車両です。
2023年3月より、東急東横線・目黒線、東京メトロ副都心線・南北線、都営三田線、埼玉高速鉄道線に乗り入れました。
相鉄公式サイトでは、20000系と21000系は別形式に分けられていますが、内外装がほぼ同一のため、この記事では1形式にまとめております。

東急5050系4000番台

東急5050系4000番台 10両×15編成

東急5000系列の東横線仕様。
相鉄線乗り入れを行うのは、10両で組成されている4000番台15編成のみとなります。

新造時から4000番台の編成と、8両編成から2両を増結し、5050番台から4000番台に改番された編成があります。

東急3000系

東急3000系 8両×13編成。

東急目黒線の主力車両です。元々は6両編成でしたが、相鉄線乗り入れ開始前に中間に新造車両が増結されて、8両編成となりました。

デビュー当時の3000系3101F(一部車両は現在の3102F)は、東横線で運用され、地下化前の横浜駅や桜木町まで入線していました。

東急5080系

東急5080系 8両×10編成。

東急5000系列の目黒線仕様車。
3000系と同じく目黒線の主力車両です。元々は6両編成でしたが、相鉄線乗り入れ開始前に中間に新造・改造車両が増結されて、8両編成となりました。

東急3020系

東急3020系 8両×3編成

東急の新型車両、2020系列の目黒線仕様車。
相鉄・東急直通線開業記念グッズには、この3020系がよく使われ、目黒線系統のフラグシップとして扱われます。
3編成しか存在せず、運用範囲も広いため、会えると嬉しいレア車となります。

相鉄・東急直通線開業から半年が経った9月26日より、3121Fと3123Fの相鉄線乗り入れ(営業運行)が解禁され、今話題となっている車両です。

以上、相鉄・東急直通線は、5形式(車種)が使われている事となります。

より細かく見て行くと…

相鉄線を走る形式は、合計11形式(車種)である事がわかります。

しかし実際には、同じ形式でも、編入や仕様が異なる車両があり、鉄道ファン目線からすると感覚的に11車種以上です。
ここで、その細かい仕様の違いも数えて行きます。
なお、製造年度による違い(いわゆる次車)はカウントせず、明らかに違う仕様で見て行きます。

8000系・10000系 YOKOHAMA NAVYBLUE車

23年現在、8000系と10000系は、YOKOHAMA NAVYBLUEにリニューアルされた車両とそうでない車両の2車種に分けることができます。
車内や外観が大きく異なる事から、別の車両としてみることができます。

相鉄内部では、YNBとなった8709×10と、10701×10、10704×8は、8000R系・10000R系として扱われているそうです。

4110F Shibuya Hikarie号

5050系4000番台4110Fは、渋谷ヒカリエ開業一周年を記念して作られた、Shibuya Hikarie号となっています。
外観は、渋谷ヒカリエをイメージしたゴールドカラーとなり、内装も様々な渋谷をイメージした特別な内装となっています。

田園都市線向け5000系組込車

東急5050系4000番台の内、6号車が、内装が青系の車両の編成があります。(4101F~4104F)
これは、詳細は省きますが、過去の車両増備計画の変更などで、田園都市線に投入予定だった5000系車両を、5050系4000番台の編成内に組み込んだものです。

外装こそ普通の東横線ですが、赤系の内装の5050系列の中では、地味に異彩を放ちます。

5050系4000番台Qシート

8月10日より、東横線でのサービスを開始した「Qシート」
そのQシートに使用されるのが、デュアルシートを搭載した車両が4112F~4115Fの4・5号車です。

外観も、全体が赤くラッピングされ、目立ちます。

3000系4・5号車 5080系4・5号車(一部を除く)、5050系4111Fの6・7号車

目黒線3000系・5080系を、6両から8両に増結する際に組み込まれた新造車両の内装です。
内装は緑系のモケットで、フローリング調の床材と、2020系列に近い内装となっています。

外観ですが、3000系は塗装はもちろん、梨地仕上げにして既存車に合わせており、5080系も既存車両に極力合わせています。
3000系新造車と5080系新造車の外観は異なりますが、車両設計と内装は完全に同一のため、ここでは同一車両としてカウントします。

4111Fは、5050系5173F 8両を10両化した際にできた編成です。
内装は目黒線増結車両とほぼ同一で、相違点は座席形状が、通常のシートではなくハイバックシートとなっています。
(同時に製造された5178Fと同一内装)

5080系5189F・5190F 4号車(デハ5189・デハ5490)

目黒線の5080系の内、5189Fと5190Fの4号車は、緑系の内装ではなく、オレンジ系の内装となっています。
これは、5189F・5190Fに車両を増結する際、大井町線急行電車6000系6101F・6102FにQシート車を組み込んだ時に、編成から外された車両を組み込んだためです。

外観こそ、5080系と同じになっていますが、内装は他とは大きく異なる内装で、地味に目立つものとなっています。

5号車は新造車両のため、在来車両と合わせて、同じ編成内に3つの内装が存在するとんでもない編成となっています。

上記の7車種を合わせると、相鉄では11形式18車種も走っている事となります。
11形式とただでさえ車種が多いのに、新造・転属などの組み込みや車両のリニューアルなどで、もっと区分できるのが面白いところです。

今回はざっくりと11形式18車種として見て行きましたが、もっと細かく見ていって20車種以上に区別することも可能ではないかと思います。

おわりに

もう訳が分かりません…

著者プロフィール
この記事書いた人
須田 恵斗

神奈川県大和市在住、最寄りは大和駅の24歳。
20年以上相鉄を利用し、鉄道ファン人生を相鉄と共に歩んできた人。

2021年7月~9月、公共交通機関で日本一周をし、60万円以上をドブに捨てる

2020年6月より鉄道旅行系雑記ブログ「keitrip」を運営し、2024年に相鉄に関する記事を当サイト「相模レールサイト」に移管。

須田 恵斗をフォローする

相鉄グループ情報および直通線情報(鉄道コム)

日付イベント
7月25日(木)よりゆめが丘駅副名称「ゆめが丘ソラトス」設定・ソラトス改札口 供用←new
7月21日(日)より相鉄・JR直通線、渋谷駅新南改札移転(新駅舎供用開始)←new
6月22日(土)相鉄 10000系・6000系 緑と赤の新旧電車撮影会←new
6月6日(木)より発売相鉄 令和6年6月6日記念入場券 発売←new
5月18日(土)~11月下旬相鉄10000系旧塗装・赤塗装復刻ラッピングを運行←new
5月14日(火)より当面の間東急 5050系 新幹線デザインラッピングトレイン 運転
4月27日(土)より発売相鉄 12000系プラレール 販売
4月27日(土)相鉄 かしわ台車両センターにて 12000系プラレール先行販売会
4月27日(土)~5月31日(金)相鉄 11代目そうにゃんトレイン記念入場券 発売
4月1日(月)より横浜駅・二俣川駅に副駅名を設定
3月23日(土)10:30~15:00相鉄10000系リバイバルカラープロジェクト入場券セット 発売
【完売・復刻ラッピング決定】
3月21日(木)~来年3月頃相鉄 11代目そうにゃんトレイン 運転【運行中!】
3月19日(火)相鉄 そうにゃんつり革キーホルダー 販売
3月18日(月)~5月6日(月)20000系・21000系新横浜線開業1周年記念号運行
【運行中!】
3月16日(土)より発売相鉄発 東急・東京メトロ共通1日乗車券 発売
3月16日(土)より発売相鉄・東急 共通1日乗車券 発売
3月9日(土)より発売相鉄・東急 新横浜線開業1周年記念入場券など 発売
3月4日(月)より当面の間東急3020系 新幹線デザインラッピング運行【運行中!】
タイトルとURLをコピーしました