【YNB第1号】相鉄編成ガイド:9000系 9703×10

編成ガイド
この記事は約3分で読めます。

1993年~2001年に製造され、現在6編成が在籍している、相鉄9000系の編成紹介です。

相鉄編成ガイドでは、2022年7月現在 42編成402両が在籍する相鉄の電車の、各編成の特徴を紹介していきます。

9703×10の概要

9703×10は、1995年に入籍した編成です。
この編成からは、8000系8709×10と同じく、種別・行先表示器が一体化した3色LED式となりました。

登場当時の車内の案内表示機は、9701×10、9702×10と同様、妻面部に設置されています。

それ以外にこれと言った特徴はありませんでしたが、
2016年3月、デザインブランドアッププロジェクト「YOKOHAMA NAVYBLUE(以下YNB)」へのリニューアル第1号となり、注目を集めます。

YNB化が行われた現在の特徴として、この編成のみ、側面の車番が車体中央下部に表記がされています。

また、最初にリニューアルされた3編成(当編成、9705×10、9702×10)の特徴として、優先席モケットが青色となっています。
20000系がデビューして以降の編成は、優先席モケットを赤色に仕様を合わせています。

YNB化が行われた当初しか見られなかった特徴としては、
パンタグラフが全車両菱形のモノを採用し、ドアチャイムも2音チャイムとなっていました。

その後、1年以内に現在のシングルアームに交換、ドアチャイムの1音化が行われます。

編成構成

クハ9703-モハ9107-モハ9207-サハ9605-モハ9108-モハ9208-サハ9606-モハ9109-モハ9209-クハ9503

←横浜    |    海老名・湘南台→

製造所

クハ9703:東急車輛製造
モハ9107:東急車輛製造
モハ9207:東急車輛製造
サハ9605:東急車輛製造
モハ9108:東急車輛製造
モハ9208:東急車輛製造
サハ9606:東急車輛製造
モハ9109:東急車輛製造
モハ9209:東急車輛製造
クハ9503:東急車輛製造

機器更新施工日

2014年3月17日

YOKOHAMA NAVYBLUE リニューアル施工日

2016年3月04日

当ブログを応援してくださる方は、鉄道コムのリンクを押していただくと嬉しいです↓

タイトルとURLをコピーしました